企業紹介
企業理念
ビジョン
Board of Directors
沿革
拠点一覧
-
ニュース
イベント
eDM
-
English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Other Language
Under 安定性・信頼性 :

iCellテクノロジー

InnodiskのiCellテクノロジーは、不慮の停電時においても、DRAMベースのソリッドステートドライブ(SSD)におけるミッションクリティカルなデータを確実に保護してデータ損失を防ぎます。
これは、内蔵のiCellが瞬時にSSDへ電源を供給し、データの安全な保管を確保することで実現されます。

新設計のデータ損失防止機構
ドライブの揮発性キャッシュメモリ(DRAM)内には、より最近のデータおよびシステムに不可欠なデータが頻繁に保存されることを、Innodiskは理解しています。そのため、停電時にデータの安全性を確保することが最重要課題となります。つまり、電源が突如切断された際、SSDは直ちにデータをフラッシュメモリへ格納し、データ損失やデバイスの再起動に備えます。
 
ハードウェアアーキテクチャレベルの改良
Innodiskは、通常使用時の性能を犠牲にすることなく、標準のSSD IC基板を改良しました。iCellテクノロジーは、IC基板上に電源バッファ用のコンデンサを追加搭載することで独自の堅牢設計を実現しており、必要に応じて緊急電源をシステムに供給できます。
 
飛躍的な時間延長
iCellテクノロジーを持たない従来のSSDにおいては、緊急時の残留システム電力はわずか2msしか持ちません。そのわずかな時間内に、SSDがメモリキャッシュからフラッシュメモリへ書き込みを終えることは不可能であり、そのためデータ損失が発生します。それに対し、iCell SSDの緊急残留電力は時間を60msへ延長し、これは揮発性メモリからデータを保護する時間が30倍に伸びることを意味します。

推奨製品: フラッシュストレージ


関連リソース:



ダウンロード