English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Español
Français
Other Language
Under 安定性・信頼性 :

iRetention™

ソリッドステートドライブ (SSD) に書き込まれたデータは時間の経過とともに劣化していきます。原因はフラッシュメモリ内部のセルが持つ電荷が時間の経過とともにリークするためです。リークが発生しデータが維持できる期間をデータ保持期間と呼びます。また、データ保持率は、温度上昇とP/E(書き込み/消去)サイクルの増加によって低下していきます。データ保持率の問題は、温度と P/E サイクル数に基づいて適正にデータをリフレッシュすることで軽減することが可能です。

温度上昇からの保護
温度上昇は、データへのリスクを高めます。温度上昇によりフラッシュメモリ内部にデータとして蓄積した電荷のリークを早めるからです。iRetentionは、温度上昇からデータを保護します。
As temperature rises, the risk to your data increases
 

高性能なアルゴリズム

SSDは急速に変化するあらゆる状況に即座に適応する必要があります。iRetentionは、温度と P/E サイクル数の変化をリアルタイムに検出し処理を行う高性能なアルゴリズムを組み合わせた技術です。
iRetentionは、温度と P/E サイクル数の変化をリアルタイムに検出し処理を行う高性能なアルゴリズムを組み合わせた技術です。
 

関連リソース:



ダウンロード
関連ニュース
SmartFilter ™
Want to learn more ?
シャットダウン
×

Innodisk and Cookies

We use cookies on this website to provide you with the better user experience. By accepting cookies, you agree to our use of cookies. For more information on how we use cookies, please see our Privacy Policy.