企業紹介
企業理念
ビジョン
Board of Directors
沿革
拠点一覧
-
ニュース
イベント
eDM
-
English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Other Language
Under 拡張性 :

CANbus

CANbusはシンプルで低価格、効果的な配線アーキテクチャであり、まずは自動車産業にて採用されましたが、今では様々な業界にて汎用的に使用されています。

最高の堅牢性基準を達成
すべての車両アプリケーションは異なっており、それらに適合させるために、当社のモジュールは、J1939規格に準拠しており、幅広いカスタマイズが可能で、CANBusデバイスが高負荷条件での動作を確保しております。
J1939
 
Linux対応
Linux搭載デバイスは増え続けています。完全互換性を確保するために、当社Linux用に変更されたSocketCANドライバーとカスタマイズツールを提供します。
 
可能な限りの軽量化を確保
CANbusはメインのホストコンピューターを必要とせず、単一回路にてノードを接続します。これにより配線量が減り、軽量化と省スペース化につながります。
 
柔軟で簡単な組込み
柔軟な接続および取付けが可能な当社のmPCIemPCIe EMUC-B202CANbusモジュールは、お客様のシステムへ簡単に組み込むことができます。
 
信号からノイズを排除
当社のCANbusモジュールは終端抵抗を内蔵しており、信号反射を防ぎつつ、ノイズのない信号を確保します。

推奨製品: エンベデッドペリフェラル


関連リソース:



ダウンロード
関連ニュース