English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Español
Other Language
Under リモート管理 :

アウトオブバンド信号処理

Innodiskのアウトオブバンド信号通信テクノロジーを通じてシステムオペレーターは、ハードウェアやソフトウェアが正常に機能していない場合でも、エッジデバイスを管理してメンテナンスを行うことができます。

独立した接続と制御
Innodiskのリモート管理テクノロジーは、エッジデバイスのフラッシュストレージへ独立した接続を可能にします。デバイスの通常のネットワーク接続が全く利用できない場合でも、別に確保された通信チャンネルを通じてデバイスへアクセスすることができます。
Independent Connectivity and Control
 
AIoTの現実化
エッジデバイスの数が爆発的に増えており、各企業がすべてのAIoTとIoTデバイスを物理的に管理してメンテナンスすることは不可能になりつつあります。アウトオブバンド信号通信テクノロジーを使用すれば、たとえオペレーティングシステムが完全にクラッシュしても、デバイス技術者が現場を訪問する必要はなくなります。
Making AIoT Possible
 
有線と無線のリモート管理
Innodiskのアウトオブバンド信号通信技術は、Wi-Fiとイーサネット両方の接続方式に対応しており、ストレージデバイスへ独立した接続を容易にし、幅広い互換性を確保します。
Wired and Wireless Remote Management
 
パブリッククラウドとプライベートクラウド
Innodiskでは、企業に応じてITインフラのニーズが異なることを理解しています。そのため、Innodiskのアウトオブバンド信号処理技術は柔軟性を最重視しています。顧客がプライベート、パブリック、ハイブリッドのいずれのタイプのクラウドを使用しても、当社のソリューションは要件を満たすことができます。
Public and Private Cloud

推奨製品: フラッシュストレージ


関連リソース:



ダウンロード
SmartFilter ™
Want to learn more ?
シャットダウン
×

Innodisk and Cookies

We use cookies on this website to provide you with the better user experience. By accepting cookies, you agree to our use of cookies. For more information on how we use cookies, please see our Privacy Policy.