企業紹介
企業理念
ビジョン
Board of Directors
沿革
拠点一覧
-
ニュース
イベント
eDM
-
English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Other Language
2019/04/15 | Press Release

スマートエアポートを停止させない Innodisk、ハードとソフトを総合的に提案可能な空港セキュリティ向けのソリューションを発表

2019年4月2日、台湾台北 –航空運輸需要が年々増加を続けており、空港のセキュリティ監視システムのインテリジェント化がより重要になってきています。そのため、世界の産業用ストレージのリーディングカンパニーであるInnodiskは、画像監視と顔認識技術を統合し安全性を高め、ゼロエラーの空港向けセキュリティ監視にするためのソリューションを開発しました。アジアの空港においてソリューションの提案を行い、ハードとソフトの強化によりアーキテクチャをインテリジェント化、システムの基本コンポーネントからサーバーまでのあらゆる部分を統合しました。全ての画像監視機器は、ハードとソフトの統合を通じてダウンタイムなしで空港のセキュリティを即座に掌握することが可能となりました。

スマートエアポートのインフラストラクチャの2つの主軸は、空港のセキュリティと監視に分別されますが、近年の空港の持続的な拡張に伴い、空港システムおよびエンジニアリングのインテリジェント化の需要が増加しております。空港ロビーのCCTVシステムと空港周辺の電子フェンスセキュリティシステムの統合を含めた全てを改善するためのインテリジェントな管理システムを構築することが急務です。しかしながら、多くの空港の既存の監視システムには、ストレージ機器が末端に組み込まれていないため、保守に関わる人件費の大幅な増加だけでなく、システム停止のリスクにより空港のセキュリティ品質を著しく低下させる恐れがあります。

Innodiskの最新空港セキュリティ向けソリューションは、空港のインテリジェントアーキテクチャのために特別に設計されており、空港アプリケーション内の大量のデータを最適化しインテリジェントな意思決定を行うための情報提供が可能です。各サーバーに大容量の産業用SSDを配置するだけでなく、高性能な産業用メモリモジュールを使用することで、高解像度の映像に対応、24時間あらゆる天候での空港監視を実現するとともに、高速なデータ転送および大量のデータ保存も提供します。また、PoE+拡張カードがシステム構成を簡素化し、1本のケーブルで安定的に信号と電力を監視機器に供給します。そして、RAIDデータミラーリングを構成することで、データセキュリティを確保するための自動バックアップが可能となり、画像をロスなく完全に保存することができるようになります。

さらに、Innodiskが独自に開発したiCAPTMクラウド管理ソフトウェアは、既存の空港システムにカスタマイズして統合することができるため、各地のサーバーとセントラルコンソールを効果的に連結可能です。また、Innodiskのハードウェアストレージとの完全互換のため、各コンポーネントを個別に監視し即座に接続することができます。いずれかのコンポーネントに障害が発生したり寿命が近付いてきた場合には通知が送られるため、タイムリーなメインテナンスが可能で、最終的なダウンタイムとコストの削減を実現することができます。オンラインのリアルタイムシステム監視と警報メカニズムが空港管理の効率を大幅に向上させ、メインテナンス作業のセルフスケジューリングも可能となり空港マネジメントを簡素化します。



About Innodisk/Innodiskについて

2005年に台北本社を設立、ワールドワイドで製品事業を展開し、アメリカ/中国/ヨーロッパおよび日本などにエリア事務所を設置、フォーブス社によるアジア優良企業200社のうちの1社にも選ばれているInnodiskは、インダストリアルデータストレージデバイスおよびメモリモジュール市場におけるリーディングカンパニーです。製品は、航空宇宙/国防/運輸/クラウドストレージ等の各種インダスリアル組込機器で広く採用されており、プロフェッショナルなソフトウェア/ハードウェアおよびファームウェアチームが、各顧客向けに最適なソリューションを提供します。

Innodiskの更なる詳細については以下のウェブを参照して下さい。
https://www.innodisk.com