English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Español
Other Language
2021/05/12 | Press Release

Innodiskが無人スマートシステム向けのCAN Busモジュールをリリース

Innodiskはこのほど、最新のCAN Busモジュールをリリースした。フォームファクターの完全なラインと厳格な工業品質を備えたこれらの製品は、無人システムの成功に必要不可欠であると証明されている。無人システムへのニーズは2020年から増加を続けており、Fortune Business Insightsの報告ではUAV部門で12.23%の年平均成長率(CAGR)が見込まれている。農業、物流、輸送、航空宇宙といった多くの業種は無人システムの重要性を感じており、無人機テクノロジーからの恩恵を利用し始めている。





無人航空機は全ての無人システムの中心的存在ではあるが、全ての無人システムの心臓部はCAN Busだ。拡張が続き、複雑さが増し、新たな用途での効率性要件がますます高まる中、CAN Busモジュールは過酷な温度や電磁干渉といった厳しい状況下でも作動することが必須である。Innodisk CAN Busモジュールは、その全てが幅広い温度、2.5KVの絶縁保護、そして過酷な条件下でも劣化せずに最適な性能を確実に発揮する上で必要な高レイヤープロトコルのSAE J1939とCANopenをサポートする。

最近、好評を得ている導入は無人飛行アプリケーション向けで、最新の航空機にInnodisk CAN Busモジュールが使用されている。InnodiskのCANモジュールUSBは自律型商用ドローンや農業機械、ロボットオペレーティングシステム(ROS)、無人搬送車(AGV)といった、あらゆる種類のスマートアプリケーションに組み込まれている。CAN Busはシステムの制御を可能にし、搭載したコンピューターやさまざまなCANデバイスと相互にやり取りし、さらには地上局で問題を診断することもできる。

Innoiskのインテリジェント周辺機器アプリケーション部門シニアマネジャー、Johnny Wu氏は「InnodiskのCANモジュールは当社の顧客プロジェクトの異なるスマートアプリケーションをサポートするのに成功しており、われわれはこれを非常に素晴らしいと思う」と述べ、さらに同氏は「無人デバイスにInnodisk製品を使ってもらうことで、市場で最も耐久性のある製品を提供するという当社の約束が再確認される。われわれは、顧客の開発において小さいが重要な役割を果たすことを誇りに思う」と付言した。

CAN Busソリューションは、これまでは信頼性のあるシステム開発での大きな障害となっていた、こうした厳しい環境の負荷に十分に対処することができる。Innodisk CAN Busモジュールはハードウエアとソフトウエアの完全な統合を実現し、さまざまな要求に適合する異なったフォームファクターを提供する。無人システムの領域に製品を紹介したいインテグレーターとエンジニアにとっては、彼らのハードウエアソリューションも同様に、こうした産業環境の厳しさを満たす必要がある。

 
SmartFilter ™
Want to learn more ?
シャットダウン
×

Innodisk and Cookies

We use cookies on this website to provide you with the better user experience. By accepting cookies, you agree to our use of cookies. For more information on how we use cookies, please see our Privacy Policy.