企業紹介
企業理念
ビジョン
Board of Directors
沿革
拠点一覧
-
ニュース
イベント
eDM
-
English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Other Language
2018/08/15 | Press Release

Innodisk、AIoT/エッジコンピューティングをターゲットにしたインダストリアルグレードPCIe SSDを発表

2018年8月16日、台湾、台北 - Innodiskは、業界初のインダストリアルグレードPCIe Gen3規格準拠M.2 SSDを本日正式に発表致します。AIoTおよびエッジコンピューティングの巨大なインダストリアルアプリケーション市場の要求に対して、データ伝送効率を大幅に向上させる必要があるため、インダストリアルストレージ業界をリードするInnodiskは、インダストリアルグレードM.2 PCIe SSD - 3ME2をリリースします。-40℃~85℃のインダストリアルグレード広温度範囲対応、2280/2242等のフォームファクターをサポートし、1,300/490MB/sの安定した高速性能を提供します。さらに、優れた低消費電力と放熱性能を持つインダストリアルグレード仕様で安定した効率の良いストレージソリューションを提供し、グローバルなインダストリアルアプリケーション市場において確固たる地位を確立します。

エッジコンピューティングの需要大幅増加に伴い、InnodiskはPCIeインダスリアルアプリケーションを初めて導入

AIoTの大きな波のなか、大量のデータをリアルタイムで保存/処理および分析する必要があります。そのため、将来のAIアーキテクチャでは、フィールドデバイス/ゲートウェイ/エッジサーバなどの様々なエッジレイヤデバイスに基本的なデータ処理機能を持たせる必要があり、ストレージデバイスの性能と信頼性に対する要件はますます厳しくなっていきます。Innodiskが業界で初めて発表したNVMe SSD – 3ME2は、PCIe Gen3 x2に対応し、設置スペースの限られているエッジコンピューティングデバイスやサーバに適しています。SATAと比較して3倍以上のスピードアップが可能であるだけではなく、2280/2242などのさまざまなフォームファクターも提供します。優れた放熱特性により放熱対策が不要となり、他の同様規格の製品と比較して最大50%消費電量が削減されます。この他に3ME2はLDPC誤り訂正符号化およびエンドツーエンドデータパスプロテクション(ETEP)メカニズムを介してデータの完全性を保証しており、将来のAIoTのための重要なキーアプリケーションとなるでしょう。

唯一のインダストリアルグレードPCIeの安定した性能は決して減速しません

現在3D TLCを使用している多くのSSDが速度テストでの好成績のためにSLC Cacheテクノロジーを使用して速度を向上させていますが、SLCキャッシュが使いつくされた時に「真の顔」が露呈します。書き込み速度がTLC本来の約70MB/sまで低下、ガベージコレクションの速度にも影響を与え、直接的に顕著な速度低下を引き起こし、性能の安定性にも影響を与えます。一方、最新のPCIe SSD – 3ME2は、高品質のインダストリアルグレードMLCフラッシュを採用しており、1,300/490MB/sの安定したリード/ライト性能を維持することが可能なことに加え、独自のファームウェア演算技術を用いることで、製品の高い安定性と高速性の維持を保証しています。

クラウドからエッジまで、パーフェクトなソリューション

Innodisk社フラッシュ事業部Vice PresidentのC.C.Wuは、「安定性と信頼性が求められるインダストリアルアプリケーションに対応するため、Innodiskが長年培ってきたインダストリアルコントロール領域における深い基盤をもとに、市場動向の調査と業界リソースを上下に連結することで、究極の統合ソリューションを提供する。」と語ります。最新の高速PCIe SSD 3ME2は、大容量の選択が可能な仕様となっており、さらにインダストリアルグレードDDR4 2666メモリモジュールシリーズと高度にカスタマイズ可能なクラウド管理ソフトウェアiCAPにより、ソフトとハードの統合を通じて膨大な数のさまざまなエッジレイヤデバイスを有効に管理することができます。将来のマルチレベルエッジコンピューティングアーキテクチャをターゲットに、最も完全なAIoTへのサポートを提供します。 製品の更なる詳細は以下のウェブを参照して下さい。 https://www.innodisk.com/jp/products/flash-storage/m2-sata/M2_P42_3ME2




Innodisk(イノディスク)について

2005年に台北本社を設立、製品は世界各地に出荷し、アメリカ、中国、ヨーロッパならびに日本等にエリア事業所を設けており、インダストリアルデータストレージおよびメモリモジュールの世界的なブランドリーダーとしての地位を確立、フォーブス社によるアジア優良企業200社のうちの1社にも選ばれています。弊社製品は、航空宇宙、国防、運送、クラウドストレージ等の各種産業用組込製品に幅広く使用されており、プロフェッショナルなソフト/ハードおよびファームウェアチームが各顧客向けに最適なソリューションを提供します。Innodiskの関連製品、技術およびアプリケーション等の詳細については以下のウェブを参照してください。

http://www.innodisk.co.jp