English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Español
Other Language
2019/12/19 | Press Release

Innodiskが新しいVPU搭載AIカードでAIビジョンを加速

Innodisk(イノディスク)の新しいAIアクセラレーターカードシリーズがマシンビジョンを介したAI推論向けの高機能のビジョン処理ユニット(VPU)を提供

AIがIoTの世界を席巻している。AIの多くの側面はコンピューティングとリソース集約型だが、他の側面は、迅速に結果を提供できる小型で即応的なデバイスに依存している。Innodiskの新しいAIアクセラレーターカードは、エッジでのAI推論に飛躍的なパフォーマンスの向上を提供する。


最新のインテル(R)Movidius(TM)VPUを搭載

Innodiskの新しいAIアクセラレーターカードは、ディープニューラルネットワーク推論用に設計されたインテルの第3世代Movidius Myriad(TM)Xビジョン・プロセシング・ユニット(VPU)を使用している。このVPUは、顔認識や車両登録プレート認識、その他の多くのマシンビジョンアプリケーションなど、すべてのビジョン推論アプリケーションを強化する。その結果は驚異的であり、エッジデバイスのCPUに応じて、パフォーマンスを最大30倍向上させる。


エッジでのマシンビジョンを改善

一般的なエッジの組み込みデバイスは、画像認識には十分ではない。CPUは通常、低消費電力と熱効率を優先して選択されており、とりわけAI推論には適していない。動画カードがパソコンのグラフィックレンダリングのCPUの負荷を軽減するように、VPUはエッジデバイスが画像や動画のオブジェクトやパターンを選択する補助をしている。Innodiskの新しいAIアクセラレーターカードは、これらすべてを実現しながら、わずかな熱フットプリントを残すのみで、低消費電力を維持する。


AIをIoTアプリケーションに統合

InnodiskのAIアクセラレーターカードには最低発注量がなく、1つのMyriad X(EMPA-I101)を備えたmPCIeと、2つのMyriad X(EGPA-I201)を内包したM.2 2280という2つのフォームファクターが供給される。WindowsとLinuxがサポートされ、Caffe、TensorFlow、Apache MXNet、Open Neural Network Exchange(ONNX)などのディープラーニングフレームワークもインテルOpenVINO(TM)ツールキットを通じてサポートされている。AIアクセラレーターカードは、AIoTの実現に向けた重要なステップであり、Innodiskとそのパートナーの全体的なAIアーキテクチャーの新しい基盤として機能する。



Innodisk(イノディスク)について

2005年に台北本社を設立、製品は世界各地に出荷し、アメリカ、中国、ヨーロッパならびに日本等にエリア事業所を設けており、インダストリアルデータストレージおよびメモリモジュールの世界的なブランドリーダーとしての地位を確立、フォーブス社によるアジア優良企業200社のうちの1社にも選ばれています。弊社製品は、航空宇宙、運送、クラウドストレージ等の各種産業用組込製品に幅広く使用されており、プロフェッショナルなソフト/ハードおよびファームウェアチームが各顧客向けに最適なソリューションを提供します。Innodiskの関連製品、技術およびアプリケーション等の詳細については以下のウェブを参照してください。https://www.innodisk.com/jp/index

SmartFilter ™
Want to learn more ?
シャットダウン
×

Innodisk and Cookies

We use cookies on this website to provide you with the better user experience. By accepting cookies, you agree to our use of cookies. For more information on how we use cookies, please see our Privacy Policy.