企業紹介
企業理念
ビジョン
Board of Directors
沿革
拠点一覧
-
ニュース
イベント
eDM
-
English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Other Language
2018/03/27 | Press Release

フレームロス問題の解決が監視セキュリティ市場の課題に?

Innodisk、映像品質を確保しスマートシティおよびスマートファクトリーアプリケーションの課題を打開する、特許取得ファームウェア技術RECLineTMを発表

2018年3月22日,台北 – 市場調査の報告によると、全世界の監視セキュリティ市場の成長率は17%に達しており、2024年には市場規模は800億ドルに達すると予想されています。ただし、市場が急速に拡大していく中で、終端ビデオ機器は改善が必要な多くの技術的課題に直面しており、その中で最も一般的な技術的問題の一つがフレームロスです。フレームロスが発生すると、セキュリティに影響を与えるだけでなく、ハードウェアの技術的な欠陥もビデオアプリケーション市場にとっての障害となります。

Innodiskは昨年より米国のビデオ機器ベンダと協力し、フレームロスが発生する原因について深く掘り下げました。その結果、Innodiskのチームはシステムの応答停止/遅延がしばしばビデオ書き込みの品質に影響を与えていることを発見しました。一般的なストレージ機器のシステムは、ウェアレベリングやガーベージコレクションを実行する時に、マルチプロセスプログラムに応答するため書き込み速度を一時的に低下させなければならず、このような応答の停止/遅延がフレームロスを発生させる主要因でした。そのため、Innodiskはビデオ監視装置、マシンビジョン装置といった連続的に書き込みが必要なストレージ機器のために特別なソリューションを開発しました。この独自ファームウェア技術であるRECLineTMを使用すると、システムが作業シーケンスを分析し、作業処理の優先順位に関して非常に短時間で指示を与えることが可能となり、システムのマルチプロセス処理の影響を大幅に軽減するため、ビデオ機器は連続的な書き込みをすることが可能となり、フレームロスの無い完全なビデオ品質を得ることが出来ます。

<RECLine™非搭載の場合>

RECLine™非搭載の場合
システムの連続書き込み速度が不安定な場合にフレームロスが発生

<RECLine™搭載の場合>

RECLine™搭載の場合
InnodiskのRECLineTMファームウェア技術により システムの連続書き込み速度が一定に保たれフレームロスが発生しない

InnodiskのInnoRECTMシリーズSSDは、現在最新のRECLineの他にも、iDATA Guard、iCell、Quick Erase、温度センサー、パッシブクーリング等の技術を含む、監視セキュリティ市場のアプリケーション向けの様々なファームウェア技術を開発しており、独自のiSmartTMソフトウェアと組み合わせての監視により、ハードとソフトの高度なインテクレーションを実現します。スマートシティおよびスマートファクトリーの発展による、将来的なロボットアーム、都市監視、スマート車両、顔認識等の分野においても不可欠な技術の1つです。


Innodiskについて 2005年に台北本社を設立、製品は世界各地に出荷し、アメリカ、中国、ヨーロッパならびに日本等にエリア事業所を設けており、インダストリアルデータストレージおよびメモリモジュールの世界的なブランドリーダーとしての地位を確立、フォーブス社によるアジア優良企業200社のうちの1社にも選ばれています。弊社製品は、航空宇宙、国防、運送、クラウドストレージ等の各種産業用組込製品に幅広く言使用されており、プロフェッショナルなソフト/ハードおよびファームウェアチームが各顧客向けに最適なソリューションを提供します。Innodiskの関連製品、技術およびアプリケーション等の詳細については以下のウェブを参照してください。 http://www.innodisk.com