企業紹介
企業理念
ビジョン
Board of Directors
沿革
拠点一覧
-
ニュース
イベント
eDM
-
English
繁體中文
简体中文
日本語
한국어
Русский
Other Language
Under 長寿命性 :

ウェアレベリング

フラッシュメモリのセルはいずれ摩耗するため、全てのSSD製品には有限な寿命が付きまといます。ここで、ウェアレベリングを使用すれば、P/Oサイクルは可能な限り均等に配分されます。

ブロックの100%活用
ダイナミックモードはウェアレベリングにおけるシンプルで効果的な手法ですが、データが長時間変化しないブロックを生み出すリスクを負っています。このアルゴリズムは、デバイスの寿命内にてブロックが均等にアクセスされるようにします。当社は動的および静的なウェアレベリングを組み合わせることで、全てのブロックを確実にローテーション内に収めてこの問題を簡単に解決します。
 
SSDの可能性を解放
たった一箇所のSSDセルが障害を起こしただけで、SSD全体の不良の原因となります。これは、ウェアレベリングが寿命を劇的に延長できる理由でもあります。ウェアレベリングは読取り/書込みサイクルにて、ブロック間に偏りが発生しないようにします。

関連リソース:



ダウンロード